ホーム / トップ English

感光性樹脂・製版システム「APRTM」「TENAFLEXTM」「AFPTM」「AWPTM


感光材事業について

旭化成の感光材事業は、1970年、液状感光性樹脂「APRTM」の製造販売に端を発し、以来約40年間に渡って国内外のフレキソ印刷用版材をリードしてまいりました。
液状感光性樹脂「APRTM」の事業展開後、板状感光性樹脂「AFPTM」の製造販売も手がけ、その販売地域は、日本国内はもとより、欧州、アジア、オセアニア、南米をカバーし、北米地区につきましてもここ数年間で販売を本格化させています。中でも販売子会社旭フォトプロダクツ(ヨーロッパ)を有する欧州は、国内とほぼ同じ約40年間の販売展開の歴史を持つ当事業部の一大拠点となっています。
「全世界の顧客に満足される製品の供給を」の合言葉のもと、今後も新たな技術革新に絶え間なく挑戦しながら、お客様と共に社会の発展に寄与してゆきます。


液状感光性樹脂APRTM

主に凸版印刷の版材として使用。非印刷分野でも活躍の場が拡がっています。APRTMとAPRTM専用製版装置から成る製版システムは、高品質な樹脂版を安定的に提供し、凸版印刷やフレキソ印刷分野において、トップブランドとして高い評価をいただいています。



液状感光性樹脂TENAFLEXTM

段ボール印刷の中でも印刷枚数が多いロングラン品目に最適な版材です。高再現キャップを使用する事で、細字、網点、バーコードとベタ部の組み合わせ図柄での印刷品質が向上できます。(5mm版以上)



板状感光性樹脂AFPTM

板状の感光性樹脂で、段ボール印刷やフィルム印刷などのフレキソ印刷分野向けの版材として使用されています。AFPTMとAFPTM専用製版装置から成る製版システムは、美しさと扱いやすさを両立させたこれからの製版システムです。



板状感光性樹脂AWPTM

フレキソ印刷用 水現像・板状感光性樹脂AWP(Asahi Waterwashable Plate)は 洗浄に有機溶剤を使用しないため安全性に優れ、作業環境を改善します。しかも、有機溶剤洗浄・板状感光性樹脂にひけをとらない再現性、作業性を発揮します。



スマート・インフォ


リンク



APRTM 、TENAFLEXTM 、AFPTM 、AWPTM に関するお問い合わせは、「お問い合わせページ」よりお願いします。



▲top

APR、クリスタ、TENAFLEX、AFP、AWPは、旭化成イーマテリアルズ株式会社の登録商標です。このサイトにおける他の製品名、ロゴ、デザイン、タイトル、語句は、旭化成イーマテリアルズ株式会社または他社の商標、サービスマーク、商号のいずれかであり、特定の法域で登録されている場合があります。
09204AP
Copyright© 2016 Asahi Kasei Corporation. All Rights Reserved.